日々の暮らしに手作りを

暮らしのブログ

パートを辞めて専業主婦に戻りました。

f:id:hitomikokatakana:20191114205421j:plain

約9年間パート勤めをしていましたが、辞めて専業主婦に戻りました。

 仕事を辞めて変わった点といえば、家の中が綺麗になったことかな(笑)。

 今現在、「パートに出ようか」「パートを辞めようか」悩んでいる方がいたら、参考になればいいなと思います。

 

 

パートに出た理由

そもそも私がパートに出ようと思った理由はこちらです。

  • 社会に出たい
  • 自分の物を買う事に後ろめたさを感じる
  • ママ友の付き合いが面倒
  • 運動不足になりがち
  • 働けるうちに働いて貯蓄を増やしたい
などが主な理由でした。 
 
結婚して3人の子供を産んで、15年間専業主婦をしていましたが、一番下の娘が小学校に入学した事を機にパートに出ることにしました。
 
主婦&子育ての経験はとっても価値がある
働くと言っても、 私は15年間も専業主婦だったので、最初は自信が無くてとても不安でした。
だけど、働き始めたらそんな心配は無用でした。
私が働いていたところは、みんな同じ主婦の方ばかりなので、お互いにフォローし合い、なんといってもママ友以外の友達ができたことが新鮮で嬉しかったです。

私は販売業でしたが、主婦としての経験、子育ての経験が生かされているな、と思うことが多々ありました。独身の頃よりも、細かいところに気づいたり、目が行く様になり、真面目に一生懸命働く自分に成長を感じました。
「働きたいけど自信が無い」と迷っている方がいたら、ぜひ一歩踏み出してみてもいいのではないかと思います。
 
そんな私ですが、今回パートをやめた理由はこちらです。

辞めた理由

  • 子ども2人が受験生なのでサポートしたい
  • 近くに住む両親が高齢なので、何かあった時にすぐに駆け付けたい
  • パート先が人手不足過ぎて休めない(交代してもらえない)
  • 休日に家族で出かけたい
  • 横柄なお客さんが多過ぎて、接客業がしんどくなった
  • やりたいことがたくさんある

 などが主な理由です。

 

特に、土日出勤だったので家族との休みが合わず、ここ何年も家族で出掛けるということがほとんどありませんでした。最初の頃は、「お金がかからなくていい」と思っていましたが、家族との時間ってお金より大事なんじゃないかと思うようになりました。

 

それでもなかなか決断できなくて「辞めます」というまでに何か月もかかりましたよ。

 

決断できなかった理由
  • 人手不足なので言い出しにくい

これ、本当に困りました。

人がいないのに辞めたらどうなるか、自分が一番よく分かっているから言い出しにくい。

でもこれは会社の事情。

求人を出して新しい人が入って来れるように、余裕を持って2か月前に、「辞めたい」と伝えました。

結局、求人かけても応募は無く。申し訳ない思いのまま辞めましたが。

それにして 辞めると言ってからの2か月、長かったな~・・

 

金銭的な不安

f:id:hitomikokatakana:20191114195950j:plain


パートを辞めるにあたって一番の不安は金銭面ではないでしょうか。

私のパート代は月約8万円程でした。

これがあるとないでは全然違います。

 

とはいえ、私の場合ですが、働いているとこんな状態になりがちでした。

  •  仕事で疲れて手抜き料理・外食が多くなる(食費がかかる)
  • 弁当が手抜きになる(冷凍食品に頼り勝ちのため食費がかかる)
  • スーパーの特売に行けない
  • 仕事のストレスから甘いものを食べたくなり、帰りに必ずデザートを買っていた

こうなるとせっかく働いていても、案外お金はかかってしまうものです。

 

お金を稼ぐ方法は、企業に入って働くだけではない

ネットを活用すればやる気とアイディア次第で稼ぐことが出来る時代です。

例えば、

メルカリ

パート勤めをしている時も、メルカリで月に1~2万の収入を得ていたので、がんばればもう少し稼げるかな、と思います。

 

アンケートサイト

私が登録しているのは「マクロミル」というアンケートサイト。

送られてくる簡単なアンケートに答えてポイントを貯めます。微々たるポイントですが塵も積もれば・・・です。モニターもあり、座談会に参加すると高額の報酬がもらえます。

 

ブログ

私はまだスタート地点にも立てていませんが(笑)、ブログで稼ぐことも夢ではないらしいですよ。今すぐでなくても、お小遣い程度は稼げるようになったらいいな、というのが私の目標です。

 

 他にも、ハンドメイド販売サイトや「ココナラ」で得意なものを作ったりして販売する事も出来ます。本当にアイディア次第ですね。 

 

まとめ

専業主婦でも、兼業主婦でも、企業で働くでも、家で仕事するのも、それぞれの生き方、それぞれの選択があって当たり前ですね。

私の場合、今はやりたい事もたくさんあるし、家族のサポートしつつ、お小遣い稼ぎにも精を出し(笑)、毎日を大切に過ごしたいと思います。

 

それではまた。