日々の暮らしに手作りを

暮らしのブログ

エコタワシはこまめに取り換えたい

f:id:hitomikokatakana:20191115201714j:plain

 

エコタワシのストックが無くなったので、テレビを観ながら編みしました。 

わたしにとっての幸せの時間です。

 

エコタワシとは

洗剤を使わないで汚れが落ちるので「化学物質を出さない&水を汚さない」という事からエコなタワシでエコタワシ。

アクリル100%の毛糸編むので、アクリル特有の細かい繊維でできている弾力性のある毛糸と、毛糸どうしが生み出す通気性&通水性のおかげで、ミクロレベルの細かい汚れをかき出して、キレイにしてくれます。

 

昔は「アクリルタワシ」って言っていたと思うんだけどいつの間にか「エコタワシ」に名前が変わっている。

 

最近はエコタワシの編み方の本もたくさん売っているし、

ミンネなどのハンドメイドマーケットでも可愛いタワシがたくさん出品されていますよね。

世の中に認知されて名前も変わったのかな。 

 

エコタワシを編む

 
今回編んだのは、ユザワヤのキャンディーカラーミックス。

1個98円くらい。

こちらの糸は段染めの糸で、ただ編むだけで柄が出来るという毛糸。

f:id:hitomikokatakana:20191001142722j:plain

 

これを8号のかぎ針で、2本どりで編んでいます。

なぜ2本どりで編むかというと、こちらの毛糸は並太なので

一本どりで編むとボリュームが少なく、食器が洗いにくいのです。

極太で編んだり色々やってみたけど並太の2本どりが一番洗いやすいと私は感じています。これはお好みなのでいろいろ試してみて使いやすい厚みを探してみるといいかもしれません。

 

f:id:hitomikokatakana:20191001142554j:plain

 ただ四角く編むだけ(笑)

めっちゃ簡単。でもこれが一番使いやすい

 

可愛いエコタワシ 

最近は可愛いエコタワシが流行っていますよね。

本もたくさん出ているし、

ハンドメイドマーケットでも販売されていますね。

私も以前はデザインにこだわっていて、

こんな可愛いタワシを編んでいました。

f:id:hitomikokatakana:20191001143451j:plain

確かにキッチンがぐっと華やかになりますが、

結局は消耗品。

清潔にしたいので、できれば一週間から二週間で取り換えたい。

いつのまにか、デザインより量にこだわるようになっていました。

せめて毛糸選びだけはこだわろうと思い、段染めの糸か色違いの2本どりにしています。

一色だとなんだかつまらないから。

 

最近はダイソーなど100均にも段染めの毛糸は売っています。

お店に行くとたくさんの毛糸にどれを買っていいのか迷ってしまうかもしれませんが、

必ず表示を見て、アクリル100%の物を選ぶようにして下さいね。

 

出来たらキッチンの引き出しにストックしておきます。

f:id:hitomikokatakana:20191001144145j:plain

 

エコタワシを編むための毛糸&編み針を、ひとまとめにしてかごに入れて、ソファの横などに置いておくと、すぐに編めるので便利ですよ!

f:id:hitomikokatakana:20191108223222j:plain

 

ドラマを見ながら編むのが幸せ

好きなドラマを見ながら編み物をしているときが幸せです。

先日も、テレビ東京のドラマスペシャル「あの家に暮らす四人の女」を見ながら編み編み

 たまたま観たドラマですが、面白かったです。

中谷美紀さんが刺繍作家の役で、

宮本信子さん、永作博美さん、吉岡里帆さんとの奇妙で不思議な同居生活の日々の物語なんですが、

4人が住んでいる家も「レトロ」で、永作さんらが務めている会社も「レトロ」

でなんだかとっても雰囲気のいい不思議なドラマでした。

主役が刺繍作家というところが手芸好きにはとっても嬉しかったです。

そんなドラマ、なかなかないですからね。

中谷美紀さんが恋愛下手の役どころでしたが、その点がなんだかミスマッチな感じで気になりましたが。

全体的に不思議な時間が流れるドラマで、楽しかったです。

 

 

それではまた。