日々の暮らしに手作りを

暮らしのブログ

タッカーを使って簡単にアイロン台を貼り替える

f:id:hitomikokatakana:20191112173748p:plain

 

アイロン台って意外と汚れています。せっかくキレイに洗濯した洋服を汚さないように、アイロン台のカバーを取り替えましょう。簡単に出来ますよ。

 

 

アイロン台を貼り替える

今回張り替えるのは、テーブルに置いて使うタイプの「脚のついていないアイロン台」です。

昔ながらのやつです(笑)。

手芸・洋裁専用に使っています。

なぜ手芸用として使い分けているのかというと、布に接着芯を貼るときに、どうしても糊が付いてしまい汚れやすくなってしまうのです。

 

ご覧の通り↓↓↓↓ 結構汚れています。

f:id:hitomikokatakana:20191109202910j:plain

 

今回は、不要になったブラウスを使って貼り替えようと思います。

f:id:hitomikokatakana:20191109203430j:plain

 仕事で着ていたお気に入りのブラウスですが、衿の部分がヨレっとしてきているので、アイロンのカバーにリメイクしちゃおうと思います。

 

用意するもの

  • 布(アイロン台よりひと回り大きいもの)
  • タッカー
  • ペンチ
  • 布用のはさみ

タッカーとは?

f:id:hitomikokatakana:20191109204235j:plain

タッカーは、簡単に言うと「パワーのある大きなホッチキス」です(笑)。

 

木材に布を留める時などに使います。

椅子の張り替えや、最近はファブリックパネルを作るときにも使いますね。

なかなか便利ですよ。

手芸店やホームセンターで売っています。

 

張り替えます

 古くなった布を剥がす

タッカーのお尻部分を使って、針を外していきます。

f:id:hitomikokatakana:20191109204134j:plain

f:id:hitomikokatakana:20191109204148j:plain

 

少し針を持ち上げたら、 ペンチを使うと簡単に抜けます。

f:id:hitomikokatakana:20191109204123j:plain

 

剥がしました。本体も同じような生地です。

f:id:hitomikokatakana:20191109204256j:plain

 

ブラウスを解体 

 ブラウスの「後ろ見頃」だけを切り出します。

f:id:hitomikokatakana:20191109204326j:plain

 

後ろ見頃にアイロン台を乗せて、ひと回り大きく裁断します。

大体5cm~7cmくらい。

アイロン台の厚みによって調節して下さい。

f:id:hitomikokatakana:20191109205522j:plain

端を折り込めるくらいの長さがあればOK!

f:id:hitomikokatakana:20191109204438j:plain

 

きれいに仕上げるポイント!

ここできれいにアイロンをかけておくと、シワのないきれいなアイロン台になります。

f:id:hitomikokatakana:20191109205643j:plain

 

 タッカーで留めていきます

端を折り込んで留めていきます。

f:id:hitomikokatakana:20191109205005j:plain

f:id:hitomikokatakana:20191109204726j:plain

 

まず両端を留めてから、残りの両端を留めると角がきれいに仕上がります。

f:id:hitomikokatakana:20191109204722j:plain

角はこんな感じに折って留めます。

f:id:hitomikokatakana:20191109204946j:plain

 

 全体を留めました。

f:id:hitomikokatakana:20191109204731j:plain

 

生地にしわが寄らないように、程よく引っ張りながら貼ることがポイントです!

 

完成

f:id:hitomikokatakana:20191109204624j:plain

 

 左が張り替える前。キレイだと気持ちがいいですね!

f:id:hitomikokatakana:20191109202910j:plain
f:id:hitomikokatakana:20191109204624j:plain

 

どんな布を使ったらいいの?

基本、家にある生地でOKだと思います。

今回は、私の不要になったブラウスを使いましたが、不要になったシーツやフトンカバー、ご主人のワイシャツとかも、いいと思います。

 

購入するならシーチングなどの「綿」の生地がおすすめです。

北欧柄の可愛い生地だったら、アイロン掛けも楽しくなりそうですね。

 

無印の脚付きアイロン台

 こちらは普段使いのアイロン台です。もう10年以上前に、無印で買いました。

大きくて場所をとるのが難点ですが、ワイシャツのアイロン掛けがしやすい為、手放せません。こちらも何度もカバーを作り替えています。

f:id:hitomikokatakana:20191109205226j:plain

 この生地は、元々は、イケアで買ったカーテンなんですよ。

アイロン台にちょうどいい生地で気に入っています。

可愛いでしょ??

 

こちらはタッカーで留めつけるのではなく、

ゴム通しを作り、ゴムを通して、絞ってあるだけです。

f:id:hitomikokatakana:20191109214207j:plain

 裏は見えないのでかなり適当です。

それでも全然大丈夫。

f:id:hitomikokatakana:20191109214205j:plain

 

 

タッカーは、使い方を覚えれば、椅子の張り替えやファブリックパネルなんかも簡単に作ることが出来ますよ。

家にある生地を使って、リメイクを楽しんじゃいましょう!

 

それではまた。