日々の暮らしに手作りを

暮らしのブログ

精米所はどこに?「コイン精米所」に行ってきました

f:id:hitomikokatakana:20191114065550j:plain


主人の親戚からお米を20kg送っていただきました。

お米は玄米だったので、精米をするために精米所に行ってきました。

 

 精米所ってどこにあるの?

精米ってどうやったらいいの?

 

「精米って??」と戸惑ってしまった自分の為の覚書と、同じように分からない方のために精米所について一応書いておきたいと思います。

 

 

精米所を探す

まずは近隣の精米出来る場所をネットで調べます。

個人のお米屋さんなどがありましたが、20kgのお米を持っていくとなると車が必須なので、車を駐められそうな場所を選びました。

車で15分ほどのホームセンターの中に精米所があるという事なので、ここなら車も確実に駐めることが出来るので早速向かいました。

 

コイン精米所

f:id:hitomikokatakana:20191103141926j:plain

 

ホームセンターの駐車場の隅っこに、小さな建物の「コイン精米所」がありました。

普段よく利用しているホームセンターなのに、

精米所があったなんて気が付きませんでした。

興味のないものは目に入らないものなんですね!

 

休日の朝10時。

すでに先客がいたので順番が来るのをを待ちました。

 

すぐに順番が来たので中に入ると、大人がちょうど2人入れるくらいの狭さ。

お米のニオイが凄い!

 

精米する

機械にはわかりやすく番号が書いてあるので順番に選んでいけば大丈夫。

f:id:hitomikokatakana:20191103141944j:plain

 

「玄米を投入口」に精米したい米を入れます。

f:id:hitomikokatakana:20191103141959j:plain

 え?本当にここに入れていいの?と不安になりますが、大丈夫です!

ザザーっと思い切って入れてOK!

f:id:hitomikokatakana:20191103141415j:plain

 

「白米タンク」に精米されたお米が貯まり、
「白米出口」から出てくる仕組みになっています。

f:id:hitomikokatakana:20191103142003j:plain

 

白米出口にお米を入れる袋を設置します。 

右下にあるレバーを足で踏むと精米されたお米がざざーっと出てきます。
なんだか気持ちがいい!!

f:id:hitomikokatakana:20191103142002j:plain

 精米にかかった時間は1~2分だったかな?
あっという間でした。

 

精米料

f:id:hitomikokatakana:20191103141939j:plain

今回は20kgを精米したのでした、400円でした。

 

「ぶづき」が選べる

f:id:hitomikokatakana:20191103141948j:plain

 

私は普通白米の標準にしましたが、

無洗米や「ぶづき」の指定ができます。

 

ぶづき米

「ぶづき米」は白米よりも栄養価が高く、

数字が小さいほど玄米に近い。

数字が大きくなるほど白米に近い。

白米同様に炊くことが出来て、玄米ほどボソボソしないそうです。

ぶづき米は無農薬米であることと、酸化が早いので精米後すぐに食べる事がおすすめです。 

家庭用精米機があれば、その日食べる分だけ精米して食べられますね。

「ぶづき米」食べてみたいです。

 

精米したてのごはんは格別

精米したてのごはんはもちもちしていて、本当に美味しいです。
家に精米機があれば、毎日精米したてのごはんを食べることが出来ますね。
そんな生活、憧れるなぁ。

 

ぬかが取れなかった

1つ残念だったことは、「ぬか」が取れなかった事。
主人の母に「ぬか」を持ってきてと念を押されていたのですが、今回行った精米所では「ぬか」が取れないタイプのものでした。
どうしても「ぬか」が欲しい方は、「ぬか」が取れる精米機かどうかを調べてから行くことをお勧めします。

 

意外と利用客が多い

休日の朝10時でしたが、すでに先客がいて、
私が精米している最中も、2人が順番を待って並んでいました。
精米する人ってこんなにいるの??と驚いてしまいました。

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた。